MENU

ソフトマターと生命現象の理論モデリング

京都大学大学院工学研究科 化学工学専攻 化学工学基礎講座 移動現象論分野

おしらせ

  • 2019年 研究室訪問
    — 2月 5日 (火)化プロコース合同
    — 2月12日 (火)11:00〜12:00 A4−118(山本)
    — 2月14日 (木)16:00〜17:00 A4−118(山本)
    — 2月18日 (月)16:00〜17:00 A4−118(山本)
    — 2月19日 (火)16:00〜17:00 A4−118(山本)
    — 事前連絡により随時対応します.
    — 所属教員の研究や専門についてはHP等で調べてください.
  • 博士課程学生を募集しています.(8月入試,2月入試)[博士課程学生へのサポートについて]
  • 当研究室に興味のある学生さん達へ.[研究室のポリシー]
  • 古いHP Link

研究の概要

本研究室では、複雑流体やソフトマターの移動現象について、主に計算機シミュレーションを用いた研究を行っています。複雑流体では複数の共存相を含むメソ~マクロスケールの現象が興味の対象であり、物質をミクロにモデル化する分子シミュレーションでは計算量が膨大になり、有効なシミュレーションが困難となってしまいます。よって、複雑流体やソフトマターの移動現象に対して有効なシミュレーションを行うためには、何らかの工夫が不可欠です。

この様な問題を解決する手法として、これまで化学工学では経験的な方法論が一般に用いられてきました。我々の立場はそうではなく、統計力学や流体力学をベースとした最新の理論的手法を積極的に導入し、化学工学分野で重要な各種移動現象の研究に有効な、新しい方法論の開拓を行っています。具体的には、以下のような問題に取り組んでいます。

  • コロイド分散系の直接数値シミュレーション
  • 複雑流体・ソフトマターの移動現象に有効なマルチスケールシミュレーションの開発
  • 細胞分裂や細胞死を考慮した生体組織の力学的モデリングの構築

連絡先

〒615-8510 京都市 西京区 京都大学桂
京都大学 大学院工学研究科 化学工学専攻
化学工学基礎講座 移動現象論分野 山本研究室(1講座)
TEL: 075-753-7531(京都大学代表)

アクセス